お葬式屋さんで働いて思うこと

女優の野際陽子さん(八十一歳)が肺腺がんのため逝く。肺腺癌って?お葬儀は?

とても残念です。私の世代だとTRICKの山田のお母さんや、ガラスの仮面の月影先生が印象的でした。

かなり個性的な人物を違和感なく演じられていました。

2014年から肺腺がんに罹患されていたようですが、無理をおしながらドラマなどに出演されていたようです。

亡くなった日は、今週火曜日の13日8時5分だそうです。ニュースなどで発表された13日の緊急入院報道時には、既に亡くなっていたようです。

昨日6月15日に親族のみでお葬儀をされたようです。長女の真瀬樹里(四十二歳)さんの腕の中で最後を迎えたとの事。

今まで頑張ってきた分、ゆっくりお休みしていただきたいです。

肺腺癌ってどんな病気?

最近では中村獅童さんが早期発見が話題になりました。

中村獅童さんは人間ドックで奇跡的に発見されたようですが、初期では基本的に症状が少なく比較的発見されにくい癌との事です。

癌の進行に伴って長期の空咳や血痰、胸の痛みや胸水が溜まるようです。

進行すると転移が起こりやすいので、全身に激痛や倦怠感を感じるようになるようです。

神経まで侵されると腕、胸、肩に痛み、痺れを感じまた浮腫(むくみ)を発症するようです。

喫煙との因果関係は?

肺の癌といえば喫煙との因果関係が連想されますが、肺腺癌は比較的喫煙との因果関係が少ない癌だそうです。(もちろん比較的少ないだけで喫煙者リスクは2倍だそうですが)

 

なので、非喫煙者や女性でも定期的な検診が重要です。

肺腺癌の治療は?

・手術治療

進行具合によりますが、手術により癌を摘出できると判断された場合は手術療法を行います。場合により、肺の一部だったり片肺全てだったりします。

・放射線治療

X線や放射線を照射し癌細胞を死滅させたり増殖を防ぐ治療方法です。

・化学療法

抗がん剤を使用し、癌細胞を死滅させたり増殖を防ぐ治療方法です。

他にも先進医療などの選択肢があるようです。
知らない人はいないレベルでご活躍されていた野際陽子さん。お葬儀は昨今流行のいわゆる「家族葬」で行われたようですね。実は明確な「家族葬」の定義は(葬儀屋からしてみると)ないのですが、問い合わせ率も実際にお電話を頂いた際にも言われる率がNo1です。

現代では大切な近親者のみにお見送りされたいと思うのが大半なのでしょう。お葬儀は歴史とともに形を変えていっているので今後もまだまだ変わっていく可能性もあります。

お葬儀の歴史にも興味を持っていただけたら他の記事も読んでみてくださいね。→お葬式の歴史記事を読んでみる

 

野際陽子さんのご冥福をお祈り申し上げます。