お葬式に出席する

香典っていくら包むの?親族は?友人は?同僚は?地域性ってあるの?知らないと怖い本当の香典事情とは

こんにちは、葬儀屋2年目の葬太郎です。

訃報を聞いたときのお香典は、急な出来事な上に、あなたの年齢や故人との関係性も関わってくるので

 

「一体、この場合ってお香典をいくら包めばいいのかしら?」

 

という時ってありますよね。

そんな時、あなたはネットなどで「故人との関係、相場、香典」等で検索するのではないでしょうか?しかしながら、実は香典には一般的な金額というのは存在するようで存在しません。

何度も言っているようにお葬式は「地域性」に強く密着しています。どれくらい地域性が強いのかというと、同じ市内でも隣の地区は全然ルールが違うレベルです。

所謂、一般的な金額と呼ばれるものを解説したサイトは他にも沢山ありますので、私は葬式屋目線で香典の金額や、そんなに地域性が関わってくるならどうしたらよいのか?をお話したいと思います。

是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


よくあるネットで調べた香典額

香典 金額 などでネットで検索すると、両親は5万円~、親族は1万円~、顔見知り程度の知り合いなら3千円~など、いろんな情報が出てきます。

また、Q&Aサイトでも様々な意見が出てきます。回答も○○円が妥当。いや、それじゃ失礼だ。などどれが正しいか迷ってしまいますよね。

そもそも香典は相互扶助の考え方で、会食に参加しなければ、香典返しの倍額(半返しが基本なので)をお渡しするのが一般的と言われています。

所謂、一般的な香典の金額の目安。というとあなたもこんな風に調べたことがあると思います。

片田舎の香典事情

さて、上記を踏まえたうえで、私が勤める葬儀屋の地域の実情をお話しします。

私が所属しているエリアの香典金額は、顔見知り程度の方や友人、同僚の親族などの場合、千円~3千円程度が一般的です。若ければ千円で年齢などで3千円まで上がっていく感じです。

何故なら、エリアの香典返しの金額が500円程度の物が主流だからです。(千円を超える物は滅多に見ないです)

また、エリア内には一般会葬客は500円固定という地域もあります。どうでしょうか?ネットの香典額とはかけ離れていますが、一地域だけ切り取ったら、ネットの香典額は周りに比べて支払い過ぎとなってしまいます。(多く支払うのが悪いわけではなく、一般的に。という表現が「他の会葬者の方と同じくらい」という意味だと捉えてください)

ちなみに一つ隣の市では同じ条件で3千円~5千円程度が一般的です。どうでしょうか?このように香典の金額に一般的という言葉は存在するようで存在しないんです。

スポンサーリンク


実際に香典の金額はどうすればよいのか

家族、親族として出席する場合

あなたが、家族、親族として参列する場合、親族のルールが地域のルールを超えて適用されることが多いです。

この場合、周りの親族の方に聞くのが一番です。「親族の誰々の時は兄弟はいくら包んだ。」など、いろいろなお話が出てくるので、後で丸く収まるためにも相談するのが無難だと思います。

同僚として出席する場合

あなたが、同僚として参列する場合、会社の上司に聞いてみるのがよいです。聞ける上司がいなかったら、やはり家族、親族に聞いてみると良いです。家族、親族にも聞けない場合は、葬儀を行う葬儀屋に電話で問い合わせるのがよいです。葬儀屋はエリア内の情報を把握しているのでこの地域ならこうですよ。と教えてくれます。

ご近所、知り合いとして参加する場合

あなたが、ご近所さん、知り合いとして参加する場合、近所の方か家族、親族に聞くのが良いです。この場合も葬儀屋に聞くのも良いと思います。

香典のリアル

お葬式は本当に地域差があるものです。なので、インターネットを利用するより出来れば葬儀を行う葬儀屋に聞くのが一番手っ取り早いです。(大抵の葬儀屋は答えてくれると思います)

Q&Aサイトを見る限り、あなたや故人と同じ地域の方が適切に答えてくれる可能性は非常に低いと思われます。

私自身、自分の担当エリア外や住んでいる地域以外の一般的な香典金額というものは答えられません。

ですので香典の金額は

  • 家族、親族に聞いてみる。
  • 地域の人に聞いてみる。
  • 葬儀屋に問い合わせてみる。

このようにするのが良いと思います。

また、昨今は香典、会葬、供物を辞退される方も多くなっていますので、それらもわからない時は一度葬儀屋に聞いてみるのがお勧めです。

ちなみに、これらは一般会葬(法要まで参加しない)方の香典額です。最後まで参加してお料理までいただく場合は、香典額とは別にその分を支払います。

 

香典に関して相談できる方がいない場合は、その地域の一般的な金額を一度葬儀屋に問い合わせてみてください。

スポンサーリンク